【岩手県】東北の郷土料理「べったら焼き」おばあちゃんとの思い出の味。甘い素朴なおやつ。

べったら焼き

こんにちは、きこたろです。

  • べったら焼きとは
  • おばあちゃんのべったら焼き(小麦粉)
  • わたしのべったら焼き(米粉)
  • 旅館のべったら焼き

「べったら焼き」は、東北の郷土料理。

小麦粉で作られた素朴なおやつ【べったら焼き】は、わたしにとって、おばあちゃんとの思い出の味です。

簡単に出来るので、小腹がすいたときに作っています。

今回は、米粉の【べったら焼き】を作ってみました。

おばあちゃんの味をアレンジした、わが家の【べったら焼き】をご紹介します。

1.東北の郷土料理【べったら焼き】とは

べったら焼き

【べったら焼き】は、シンプルな小麦粉のお菓子です。

岩手県出身のおばあちゃんが作ってくれた、思い出深い味。

  • 小麦粉
  • 砂糖

材料は、目分量です(ホットケーキの生地を作る感覚)。

塩はアクセントに、ほんの少し入れる程度。

ボウルに全ての材料を入れて混ぜ、フライパンで焼いて(いい具合に焦げ目がつく程度)出来上がり!

甘じょっぱく、もっちりした食感、焼き目が香ばしい……厚めのクレープ生地のような、まるい”おやつ”です。

わたしが卵や牛乳を入れると、「贅沢なべったら焼きだなすー」とおばあちゃんが笑ったのを思えています。

ネットで検索すると、家庭によって材料の違いがあるようですが、基本的にはシンプルな材料ですね。

2.米粉で作る【べったら焼き】

「おやつがないなー」というときに……!

家にある材料で、さくっと作れる優れものです。

スーパーや産直で、米粉を見かけるようになり、はまっています。

(米粉はサラリとしていて、触り心地が好きです)

材料は、こちらです。

  • 米粉
  • てんさい糖
  • あらなみ塩

※ 米粉がない場合、もちろん小麦粉でも大丈夫です!

贅沢な【べったら焼き】ですっ。

今回は、こちらの米粉を使いました。

ニップンの米粉は、国産契約栽培米を使用しています。

米粉はサラサラとした感触で、小麦粉に比べてベトつきません。

明るい色味の白です。きれい。

米粉

水など、他の材料と馴染みやすく、使い終わったボウルもサラサラと洗いやすいです◎

砂糖は、ホクレンのてんさい糖を使っています。

オリゴ糖が含まれるため、お腹の調子を整える効果が期待されます。

茶色い砂糖はコクが感じられるので、料理に深みが増す感じがしますね◎

ホクレンは北海道の農産物を扱っており、冷凍野菜も美味しくて気に入っています。

塩の名産地として知られる赤穂の、あらなみ塩を使いました。

兵庫県の特産品「五つ星ひょうご」に選定された塩です。

まろやかな柔らかい味わいの塩、料理だけでなくお菓子作りにも使っています。

オリーブオイル×あらなみ塩で、バケットを浸して食べるのが好きですっ。

本題に戻り、【べったら焼き】を作りましょう。

目分量で全ての材料をボウルに入れて、まぜまぜ。

(茶色いのは、てんさい糖です)

卵を2ヶも入れちゃいます。

塩はひとつまみ。

牛乳ではなく、水を使うことで、あっさりとした仕上がりになります。

ホットケーキの生地を作る感じです。

材料をボウルに入れて、混ぜて、焼く……シンプルな工程。

子どもと一緒に作ります。

玉子焼き器で、四角いカタチにします。

油を多めにして焼くのが好みです。

(端のサクサク感がアップ)

コープの個配で買った、こめ油を使いました。

お米大好き。

焼けたら、小分けに切って。

てっちりみたいに並べてみましたっ。

べったら焼き

米粉の【べったら焼き】は…もっちり、しっとりした仕上がり。

米粉で作ると、胃もたれしづらく、身体に優しい感じがします。

味に変化をつけたいなら、バターハチミツシナモンがあれば最高です。

余ったものは、ラップに包み、ジップロックのフリーザーバックで冷凍保存しました。

おやつのストックもできて、満足!

朝ごはんにもおすすめしたい【べったら焼き】は、コーヒーや紅茶にも合う味です。

3.旅先のべったら焼き

まさか、旅先で【べったら焼き】に出会うとは。

岩手県大船渡市にある大船渡温泉へ泊まったとき、食後のおやつに提供されました。

思わず笑みが。

スタッフさんに「懐かしいでしょ~」を声をかけられました。

現在進行形で食べているため……ノスタルジーというより、「おばあちゃんの味は、やっぱり岩手の料理なんだ」という感動がありました。

【べったら焼き】の写真はありませんが、部屋からの景色がこちら。

穏やかな海。

大船渡温泉は、海鮮料理が名物です。

これでもかというほど、三陸の幸をお腹いっぱい頂きました。

【べったら焼き】は何とか一口……食べられました!

4.まとめ

べったら焼き

今回は、おばあちゃんの思い出の味【べったら焼き】についてお話しました。

小麦粉の素朴なおやつ。

難しい手法や仕込みはなく、簡単に作ることができます。

岩手県出身の祖母が作った思い出の味ですが、全国……はたまた世界中にも似たような料理がありそうですね。

わたしは、懐かしの味をアレンジして、米粉で作ってみました。

もっちり食感で、ほんのり甘じょっぱい、優しい味わい。

小腹がすいたときに、重宝していますっ。

素朴で、癖になる、簡単おやつ……わたしにとって大切なレシピです。

今日もおいしい幸せを感じられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA