【東北】岩手県北エリアお出かけ情報<地元民おすすめ15選>

おはようございます。

きこたろです。

今回は、「岩手県の県北エリアで遊ぶなら、どこがいいかな…」とお出かけを予定している方のために、おすすめしたい情報をまとめてみました。

帰省したら行きたいところや在住の友だちの声をまとめてみたよ!

このような方におすすめの記事です。

  • 休日に何をするか計画中のファミリー
  • 旅行に行きたいけど、どこにしようか悩んでいるグループ
  • デートでどこへ行こうか迷っているカップル

さまざまなシーンで使える岩手県のお出かけスポット!

地元民の方県外の方も、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ情報は、「見る・遊ぶ」、「グルメ」、「温泉・宿泊」のテーマごとに紹介します。

それでは、東北出身の筆者がリアルな「岩手県の県北エリアお出かけ情報」を紹介しますので、ぜひご覧ください!

山と海と街と…魅力いっぱいの「岩手県北エリア」

広大な土地がひろがり、本州において面積が一番広い岩手県。海に山に…自然の恵みがあふれている県です。各地に温泉地が点在しており、それぞれの泉質を楽しむのもツウですね。

また、風土の文化が息づくご当地グルメや洋館建築のレトロな町並み郷土出身の芸術家による作品など…岩手独自の魅力がたくさん!

全国的にも有名な観光名所からディープなスポットまで、幅広くご紹介します。

◆のんびり派もアクティブ派も!マルチな岩手の「見る・遊ぶ」

のんびりドライブを楽しみたい、がっつり体を動かしたい、旅先のお店が気になる……さまざまなシーンを想像しながら、おすすめしたい「見る・遊ぶ」スポットをまとめました。

岩手の自然や歴史、文化に触れよう!

1.小岩井農場 まきば園(雫石町)

観光地としても有名な「小岩井農場 まきば園」は外せない定番スポットですね!自然動物とふれあえる憩いの場です。岩手山をバックにした一本桜重要文化財の牛舎乳牛工場など…見どころ満載!ジンギスカンチーズケーキソフトクリームなど、農場オリジナルのグルメが充実し、一日中過ごせるスポットです。

おすすめは、小岩井農場ならでは体験!非公開の森林エリアをめぐるファームトラクターライドや農場をウェーキングしながら楽しむ季節の自然ウォッチングなど…体験メニューが充実しています。乗馬クラフト体験など、子どもと一緒に遊べるメニューもたくさん。事前予約が必要な体験もありますので、お出かけ前に公式ウェブサイトをチェックしてくださいね。

チーズケーキはネットでも買えるよ。

2.もぐらんぴあ水族館(久慈市)

朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍有名になった久慈市。海と人とのつながりが深いこの町には、久慈の海の水族館「もぐらんぴあ水族館」があります。久慈の海がぎゅっ!と凝縮された展示が魅力。三陸の海に住む生き物の姿に、心癒されます。

おすすめは、「南部もぐり」の潜水実演と「北限の海女」の素潜り実演です!三陸の地で暮らしてきた人々の知恵技術を目にすることができる、世界唯一のプログラムです。実演は土日祝日に限定されていますが、GWなど大型連休にも行われる場合があります。詳細は、公式ウェブサイトを確認してくださいね。

3.いわて子どもの森(一戸町)

子育て中のママのあいだで密かな人気を集めているのが、岩手県立児童館「いわて子どもの森」です。室内あそびはもちろんのこと、アスレチックなどの遊具が充実しているので外あそびも楽しむことができます。自然にかこまれて、のんびり過ごしたいですね。

イチオシポイントは「宿泊できる児童館」であること!アウトドア派に嬉しいキャンプ場や木の香りがただよう自炊型宿泊棟「まんてんハウス」を利用することができます。キャンプファイヤーをしたり、近隣の奥中山高原温泉で日ごろの疲れを癒したり…さまざまな過ごし方ができますね!

4.安比高原(八幡平市)

自然のなかでオールシーズン楽しめる「安比高原」スキースノーボードなどウィンタースポーツをはじめ、夏にはゴルフブナ森の散策などを楽しむことができます。のんびり派もアクティブ派も、さまざまなタイプのアクティビティが充実していますよ!

イチオシポイントは、広々とした湯殿が嬉しい安比温泉ブナの森が育んだ天然温泉『白樺の湯』で、癒しのひとときを。スキーで遊んだあと、冷えた身体を温めるのが最高に気持ちいいです!高原リゾートで爽やかな休日を過ごしたいですね。

5.光原社(盛岡市)

宮沢賢治によって名付けられた「光原社」は、童話集『注文の多い料理店』を出版した会社です。光原社は小さな町のようになっており、独自の世界観が魅力的な場所。賢治ゆかりの品が展示され、無料で鑑賞することができるんですよ。また、民藝品工芸品服飾に至るまで…厳選された品々が販売されています。建物の裏手から、北上川を眺めることもできますよ。

筆者のおすすめは喫茶「可否館」クラシックな空間で、ゆっくりコーヒーをいただくことができます。飲み物と一緒に「くるみクッキー」を注文するのがおすすめ!キャラメリゼされたバター風味のくるみがやわらかいクッキーにサンドされている素朴なお菓子。コーヒーとの相性がよく、ほっとする盛岡の名物です。

お取り寄せもできるよ。
お茶うけにおすすめです!

◆ご当地ならではの味を!食の宝庫・岩手の「グルメ」

三陸の海の幸、山の恵み、洗練された料理…五感で岩手を満喫したいですね!

続いては、岩手ならではの「グルメ」情報を紹介します。

旅先のグルメは、楽しみの一つだよね!

6.ぴょんぴょん舎(盛岡市)

盛岡の名物といえば、焼肉・冷麺ですね!良質な岩手のお肉と一緒に味わう冷麺は外せません。「ぴょんぴょん舎」は、盛岡を中心に仙台、東京に店舗を展開する焼肉・冷麺のお店。ランチにもディナーにもおすすめです!お取り寄せもできるので、自宅でも本場の味を楽しむことができますよ。

筆者がよく利用する稲荷町本店は、カフェのようなおしゃれな空間。可愛らしい雰囲気なので、焼肉デートにおすすめです。座敷があり、ベビー用の椅子などが用意されているので、小さい子ども連れの方も使いやすいお店ですよ。

7.2door(二戸市)

郷土食の南部せんべいを製造・販売している磐手屋が展開する北のチョコレート工場&店舗「2door」おなじみの南部せんべいから、オリジナルのチョコレート菓子アイスクリームまで幅広く販売されているお店です。意外性がありますが、、南部せんべいとチョコレートの相性は抜群!ゴマの風味が効いた「ソフトベイク」が筆者のお気に入りです。

おすすめは、2doorオリジナルのテイクアウト商品ソフトクリームのトッピングには、やっぱり南部せんべい。真っ白なカカオシェイクなど、珍しいメニューが用意されています。ドライブ休憩お土産選びにぴったりなお店です!

8.和かな(盛岡市)

盛岡市に本店をかまえるステーキ・鉄板料理のレストラン「和かな」岩手の食材を中心に、鉄板焼きを味わえるお店です。いわて短角牛などブランド牛をはじめ、料理に使われている県産のお米野菜、三陸の幸について、シェフが丁寧に説明してくれます。目の前で焼き上げるライブ感が嬉しいですね。

ランチにもディナーにも使えるこちらは、ちょっと贅沢をしたいときの食事におすすめ。ワインなどお酒も充実しています。お店の目の前に盛岡城跡公園があるので、食後のお散歩におすすめですよ。

9.クラムボン(盛岡市)

喫茶文化が根づいている盛岡市内には、街の至ることろに純喫茶カフェがあります。自家焙煎珈琲を提供しているお店が多く、コーヒー好きに嬉しい街ですね。「クラムボン」は、珈琲焙煎所兼カフェ兼ギャラリーの小さなお店。入り口から、香ばしいかおりが漂っています。

コーヒーと一緒に食べたい、自家製ケーキカスタードプリンがおすすめ!シンプルで味わい深いデザートが提供されています。変わり種プリンは、古代米じゅねなど、期間限定の味を楽しめます。トーストサンドイッチなど食事系メニューも用意されているので、軽食にも使えるお店ですね。

10.なかほら牧場(岩泉町)

山地酪農自然放牧を実践している「なかほら牧場」自然のなかの草を食べ、山でのびのびと育った牛のミルクやその生乳を使用した加工品に定評がありますね。希少な国産グラスフェッドバターが有名ですね。盛岡市をはじめ全国的に販売店舗があり、オンラインショップでも購入することができます。

岩泉町にある「なかほら牧場」では、日帰り見学宿泊ができる牧場体験プラン(要予約)が用意されています。牛や自然、山地酪農について、体験しながら学ぶことができるんですね。しぼりたての牛乳アイスクリームの試食などが嬉しいですね!新型コロナウイルスの影響で、現在は見学の受け入れを休止しています。再開など詳細については、公式ウェブサイトをご確認ください。

◆ゆったり過ごしてリフレッシュ!岩手の「温泉・宿泊」

最後は、旅行やドライブの目的にしたい「温泉・宿泊」情報をお届けします。温泉と美味しいごはんでリフレッシュ!ゆったりとした時間を楽しみたいですね。

遊んだあとは、ゆったり温泉につかりたい~!

11.四季館 彩冬(八幡平市)

地元の友だちのあいだで口コミ人気が高い、安比八幡平の食の宿「四季館 彩冬」森林浴を楽しみながら、美肌の湯「だんぶりの湯」で身体を温めてリラックス…。貸切露天風呂陶器露天の特別室では、家族や恋人と温泉につかることができます。カップル向けの部屋があるので、記念日におすすめです。また、娘が赤ちゃんのときも利用することができましたよ。(赤ちゃん用の甚平がキュートでした…♡)

また、料理自慢の彩冬では、地元の食材を中心にした食事を楽しめます。夕食は本格懐石膳、朝食は素朴で滋味に富む田舎料理が提供されます。宿泊客だけでなく、ランチ日帰り入浴もできますので、詳細は公式ウェブサイトをチェックしてくださいね。

12.金田一温泉 おぼない(二戸市)

座敷わらしの伝説がのこる金田一温泉郷にある、侍の湯・おもてなしの宿「おぼない」レトロな雰囲気が漂う料理旅館です。金田一温泉は南部藩指定の温泉郷の歴史があり、それが「侍の湯」の由来なのだとか。とろりとした肌なじみの良い湯質が心地よく、熱めの温泉が好きな方におすすめです。

魚屋さんが営む「おぼない」は、海の幸がメインの郷土料理が自慢!新鮮な魚介類は八戸港直送です。そのほかにも、山菜きのこいわて短角牛など…山や里の恵みもいただくことができます。日帰り入浴もできるので、二戸市周辺で遊んだ後に立ち寄ってみてくださいね。

13.松川温泉(八幡平市)

頬に風を感じながら、森のなかで湯あみを楽しめる「松川温泉」乳白色のお湯が、旅情をかきたてますね。渓谷沿いにあり、川のせせらぎが心地よい温泉。自然の音に耳を傾け、静かな時を過ごしたいですね。

松川温泉には松川荘峡雲荘松楓荘があり、それぞれ宿泊日帰り入浴ができます。山・川の幸、里の恵み…地元の料理を味わいたいですね。野趣に富む温泉につかって、ご当地グルメを味わって、日ごろの疲れを癒してくださいね。

14.盛岡つなぎ温泉 愛真館(盛岡市)

御所湖のほとりにあり、盛岡の奥座敷と呼ばれる繋(つなぎ)温泉開湯900年と伝えられる歴史ある温泉地です。市街地や小岩井農場、盛岡手づくり村からアクセスがよく、観光やレジャーのあとに便利な場所にあります。

「愛真館」の魅力といえば、多彩な趣きの湯殿縄文時代をおもわせる庭園縄文風呂南部鉄器風陶器風呂など、オリジナリティあふれる湯殿が自慢の温泉です。一つの旅館で、湯めぐりが楽しめますね。宿泊だけでなく、日帰り入浴もできるのでドライブの帰り道にもおすすめです。

15.鶯宿温泉(雫石町)

開湯450余年と伝えられる「鶯宿温泉」かつて、ウグイスが傷ついた足を癒しに訪れたことから、この名がついたとされています。鶯宿温泉には旅館をはじめ、ホテル民宿自炊旅館など多くの温泉施設があります。鶯宿温泉観光協会のウェブサイトに一覧が掲載されているので、チェックしてみてくださいね。

周辺には、日本最大級の本格的ガーデニング公園「フラワー&ガーデン森の風」や馬とのふれあいや乗馬体験ができる「YU-YUファーム」などがあります。観光名所の小岩井農場へは、車で約30分とアクセスがよいですね。自然のなかで、のんびりと過ごしたいお出かけにおすすめのエリアです。

まとめ

今回は東北出身の筆者が、おすすめしたい「岩手県の県北エリア」のお出かけ情報を紹介しました。

気になる情報はありましたか。

紹介したスポットによっては、冬季休業や周辺エリアが通行止めになっている場合があるので、お出かけ前は公式ウェブサイトをチェックしてくださいね。

岩手県の県北エリアへお出かけをして、心も身体もリフレッシュしたいですね。

素敵な時間が過ごせますように!


今回の内容が、何かひとつでもみなさんの参考になれば嬉しいです^^

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA